スタイル研究室

人生をアップデートする方法を紹介しています

お題「しごとの思い出」ブルーベリー農家

「コロナショック」と「金融危機」の影響で、本業は解雇されそうなので、副業のことを語りたいと思います。

副業では、ブルーベリー農家をやっています。

現在は育てている最中なので、赤字です。

田んぼをブルーベリー栽培に転用しています。

 

<ブルーベリー農家の仕事>

●地面に防草シートを敷く

・防草シートはロール状になっており、すごく重く運ぶのも大変です。

・地面に敷いて、ピン止めしていても、強風が吹くとシートがめくれてしまい、やり直しになってしまいます。

●鉢にブルーベリーの苗を植える

・鉢に培土と肥料を入れてブルーベリーの苗を植えていきます。数が多いので、腰が痛くなります。

●その鉢が風で倒れないように支柱で固定する

・鉢が倒れないように4本の支柱(鉄パイプ)で固定していきます。力を込めて地面に鉄パイプを差すので、時間が経つにつれて握力が無くなってきます。

●鉢にポットドリッパー(自動給水)を配線する

・しゃがんで作業しなければならないので、膝や腰が痛くなってきます。

栽培スタイル:植物の水やりを自動化する(ポットドリッパー方式)

●自動給水装置の液肥タンクに液肥を配合して溜めておく

・現在使用している自動給水コントローラは、自動的に液肥と水道水を混ぜることができます。 

・またタイマー設定が可能なので、一度セットしてしまえば、数日間放置して置いても、自動的に水やりをやってくれます。

●剪定(せんてい) 古い枝、邪魔な枝を切る

・古い枝からは実りが少ないため、多く実をつけさせるために古い枝を切ります。

・また、枝が多いと影ができ日光が全体に当たらなくなるため、密集している枝も切ります。

・収穫がしやすいように、高く伸びた枝も切ります。

●収穫

ブルーベリー を摘み取り、パックに詰めます。

●農園の見回り

・ポットドリッパーが抜けていないか、鉢が倒れていないか、自動給水コントローラが壊れていないかなど、毎日チェックしています。

平日は本業の仕事が終わった後なので、夜にLEDライトで照らしながら見回りしています。

 

仕事は、ほぼ一人で行っており作業は大変ですが、他人から命令されず主体的に仕事ができるので、仕事に対するモチベーションは高いです。

今は、流通していない品種のブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー、苺を栽培しています。この養液栽培は、他の植物にも適用できるので、夏にはスイカにチャレンジしようと考えています。

 

今年は、自分を含めて大量の失業者が予想されます。

ハローワークは何回か利用したことがありますが、企業はタダで求人広告が出せるので、ブラックな求人が多い気がします。

ハローワークのみで仕事を探すのはリスクが大きいので、転職エージェント利用も検討してみてください。

・履歴書などの添削をしてくれる

・労働条件の交渉(給与、労働時間の交渉など)

・面接の練習

 など、就活に関わることをサポートしてくれます。

また、雇用する企業から料金を受け取るので、求職者は無料で利用できます。

「お金を払って人材を募集している企業」と「無料で人材を募集している企業」どちらがいいと思いますか

転職エージェントの仕事について、もっと知りたい方は、エンジェルバンクという漫画を読んでみてください。

自分も解雇されたら転職エージェントに、お願いするつもりです。

転職nendo×はてなブログ 特別お題キャンペーン #しごとの思い出

転職nendo×はてなブログ 特別お題キャンペーン #しごとの思い出
by 株式会社Jizai「転職nendo」