スタイル研究室

人生をアップデートする方法を紹介しています

読書スタイル:目次をじっくり読む

目次は、読む派ですか、読まない派ですか

今回おすすめするスタイルは、これです。

【What】読書スタイル
【Who】--
【Where】--
【When】本を読み始めるとき
【Why】章の要約を頭に入れ、本文を読みやすくする
【Need】--
【How】目次をじっくり読む

目次には、章ごとのタイトルが書いてあり、タイトルは章の本文を一行でまとめた要約です。

もちろん、適当にタイトルを付けている本も存在しますが、逆に章タイトル(要約)を読んだだけで、大まかな内容が想像できる、すごい本もあります。

 

その要約を頭に入れて読むと、本は読みやすくなります。

読書スタイル:難しく読みづらい本を読む前に、要約を読む

本を買う判断をするときも、目次は役に立ちます。

読書スタイル:購入する際は、本の内容を少し読んで選ぶ

 

ですが、小説では、これが逆に働きます。
例えば、不吉なタイトルだと、何か良くないことが起こるのが予想できてしまいます。続きを「読みたいと(知りたい)」「読みたくない(知りたくない)」の不思議な葛藤が生まれ、心が揺さぶられます。

 

【補足1】

この「スタイル研究室」ブログも、か本文の内容が想像できるように、記事タイトルは本文を要約した内容になるように努めています。

 

【補足2】

ちなみに、筆者が一番印象に残っている章タイトルは、 漫画ドラゴンボールの「武道会終了! そして…」です。 

昔、少年ジャンプで読んだとき「そんな突然」思いました。

物語の内容が気になる方は検索してみてください。

 

( ゚◇゚)ノ またお会いしましょう