スタイル研究室

人生をアップデートする方法を紹介しています

コミュニケーションスタイル:相手の持ち物を観察して話題を探す

筆者は、人見知りなので、初対面の人と話すのはとてもストレスを感じます。

今回おすすめするスタイルは、これです。

【What】コミュニケーションスタイル
【Who】--
【Where】--
【When】ファーストコンタクト
【Why】初対面の人と無難に過ごす
【Need】メモ
【How】相手の持ち物を観察して話題を探す

初対面の人との会話は、話題に困ります。共通の話題があれば問題ありませんが、無理なら相手を観察して話題を探します。

その中で、一番話題にしやすいのは、「相手の持ち物」の話題です。人は持ち物を褒められると嬉しくなります。

また、相手が持ち物にこだわりを持っているなら、進んで話してくれます。

 

大抵の人は、スマホやペンを持っているので、筆者は話題に困ったら以下のことを話しています。

 

<スマホの話題>

・便利なアプリの紹介する

・スマホでKindleで読書している

・スマホを目覚ましに使っている

・スマホのタイマー機能で3分測りカップラーメンを作る

・MESHを使った便利ツールの紹介

<ぺんの話題>

・アマゾンで一番売れているシャーペンを使用している

・コピー機で印刷しても、写らない青鉛筆があり、それを使用して、文章などをチェックしている。

 

<読書の話題>

・最近、読んだ本を話す

・本ブログで紹介しているスタイルの紹介する

 
<その他の話題>

・素朴な疑問を話題にする

 

【補足】

・最初に、自分の情報を話す(開示)と、相手は話しやすくなります。

・2回目に会うときに、相手が前に持っていたモノのことを話題にすると、相手に「おっ」と思われますので、相手の持ち物をチェックしておいて下さい。

 

・相手にプレゼントするのもいいです。例え数百円のモノでも、その人の需要に合っていれば問題ありません。

今、需要がありそうなものはマスクですが、品薄なのでマスク用ベルトなどをオススメします。

災害スタイル:マスクを着用する際は、耳に掛けずに首の後ろでマスクを固定する

 

筆者は仕事では以下の物を、多めに常備するようにしています。

・ボールペンの替インク

 フリクションペンのインクもよく必要になります。

・ポケットテッシュ

 風邪気味の人のために

・ボールペン&シャーペン、消しゴム

 何かをすぐ書けるように、また他人に筆記具を貸せるように

・小型のメモ帳

 人に伝言する際は、メモ帳に内容を記載して、そのページを人に破り渡します。

・マスク

 今は品薄なので、手に入りづらいです。

 

 役に立ちそうな、小物を持っておくと、何かと重宝します。

 

( ゚◇゚)ノ またお会いしましょう