スタイル研究室

人生をアップデートする方法を紹介しています

思考スタイル:アイディアが思いつく場所に、メモれる物を置いておく

古来より思考に適した場所は、馬上(ばじょう)、枕上(ちんじょう)、厠上(しじょう)と言われています。
現代に置き換えると
・馬上=移動するとき(車、バス、タクシ)
・枕上=寝るとき(ベッド、布団)
・厠上=トイレ
後、筆者は「風呂」でも考えことをします。

今回おすすめするスタイルは、これです。

【What】思考スタイル
【Who】--
【Where】洗面所、トイレ、お風呂、ベット
【When】いつでも
【Why】思いついたアイディアを忘れないように保存する
【Need】スマホ、ホワイトボードシール
【How】アイディアが思いつく場所に、メモれる物を置いておく

「メモを置く」と言っても、メモ帳を置くのではありません。例えばスマホでもメモできますし、

 

・寝床

下記のスタイルを参考にしてスマホでメモしてください。

ノートスタイル:アイディアを思いついたら、スマホカメラで一人語り動画を撮る

 

・洗面所、トイレ

スマホが使いづらいときは、前もって壁にホワイトボードシールを貼っておいてください。

思考スタイル:壁にホワイトボードシールを貼る  

 

・お風呂

防水スマホ(Galaxy Note10+など)を持ち込むか、下記のような耐水メモを風呂場に置いてください。

 

・車の運転中

危ないので、絶対にメモはしないでください。

運転に集中してください。

 

バス、タクシーに乗っている時は、スマホでメモしてください。筆者はGalaxy Note10+なので、手書きでスマホにメモしています。


【補足】

とある大学でトイレ(大)に入った人が、考えていた数式が突然解けて、急いでトイレの壁に書いたそうです。

その人がトイレを出てから、幾日か経った後、別の人がそのトイレに入り、その数式を見て、その数式の続きを書いたそうです。

さらに別の人が、その数式の続きを書いて行ったという逸話があります。

 

( ゚◇゚)ノ またお会いしましょう