スタイル研究室

人生をアップデートする方法を紹介しています

読書スタイル:本を自炊(データ化)してタブレットから読む

自炊(じすい)とは、本、雑誌をスキャナーで読み取り、データ化することです。

今回おすすめするスタイルは、これです。

【What】読書スタイル
【Who】--
【Where】--
【When】--
【Why】データ化して管理
【Need】裁断機、スキャナー

<裁断機>

<スキャナー>


【How】本を自炊する(データ化する)

・本の背表紙を裁断機でカットして、紙をスキャナーで読み取ります。

・データはPDF型式がオススメです。

・データ化した書籍を読む際は、Androidアプリでは「PerfectViewer」がオススメです。

・スマホだと画面が小さく文字が読みにくいのでタブレットがオススメです。

 

<自炊のメリット>

・本をデータ化することでスペースを増やすことができる

・タブレットなどから、いつでも読むことができます。

・本を探す時間が短縮できる

 

<自炊のデメリット>

・自炊作業に時間が掛かる

・裁断機、スキャナーなど初期費用が掛かる

・紙の本の良さが失われる


【補足】

・「著作権法30条1項:私的使用のための複製」で、私的に利用するために複製する行為は容認されています。

・自炊代行サービスがありますが、東京地裁で2013年9月30日に自炊代行は違法である」という判決が下っております。

・そもそもKindleで購入すれば、自炊する必要はありませんので、筆者はなるべくKindleで購入します。

 

( ゚◇゚)ノ またお会いしましょう