スタイル研究室

人生をアップデートする方法を紹介しています

議論スタイル:人により解釈が異なる「言葉の意味」を固定する

子供という言葉を聞くと何歳を想像しますか?

今回おすすめするスタイルは、これです。

【What】議論スタイル
【Who】--
【Where】--
【When】--
【Why】--
【Need】議論を円滑に進める
【How】人により解釈が異なる「言葉の意味」を固定する

「子供」という言葉を聞くと何歳を想像しますか?

①小学生くらい

②高校生くらい

③20歳以下

④結婚していない男女

というように「子供」という言葉は、人によって想像する年齢が異なります。

議論においては、その認識に違いが齟齬を生み、議論が噛み合わない原因になります。

 

【例】

「宇宙人は存在するのか?」という議論を行うとすると、まずは、下記のことを決めておくと議論が円滑になります。

「宇宙人」の定義

・人間と同等の知能を持った生物

・人間未満の知能を持たない生物

・人間と同等の知能を持った存在(生物、植物、それ以外)

  

「存在する場所」の定義

・地球外の場所

・地表から高度80kmより上の場所

・地表から高度100kmより上の場所

 

【補足】

議論が噛み合いと感じたら、この点を注視すると議論の流れが変わる可能性があります。

この議論中は「この言葉の意味は◯◯です」というように公理を設定して下さい。

議論スタイル:公理を設定して議論する - スタイル研究室

( ゚◇゚)ノ またお会いしましょう