スタイル研究室

人生をアップデートする方法を紹介しています

お題「ドライブと音楽」運転中は音楽は聞きません

運転中は音楽は聞きません。

しかし、オーディオブックは聞いています。スマホにオーディオブックを入れて、カーナビ搭載カーオーディオでBluetoothスピーカを使用しています。音楽ではないので音質、カーオーディオにはこだわりはありません。

 

雨の日は、音が聞こえづらいのが難点です。イアホンを付ければ聞こえますが、危ないのでやりません。

雨音、エンジン音などのノイズ音をマイクで取り込んで車内に逆位相を掛けられるノイズキャンセラー付スピーカ搭載の自動車が欲しいです。(※1)

 

自動車産業は、変革の境目に差し掛かっています。

今回のお題「ドライブで音楽」というスタイルは、ますます減少していくと思います。

 

●自動運転車が実用化されます。車で音楽、ラジオを聞いていたのは、運転中は「耳」だけしか使用できなかったからです。

→車内の過ごし方は、「耳」と「目」を使用する動画視聴、読書、仕事などができるようになり、音楽、ラジオの需要は減ると思います。

 

●5Gでネット回線が早くなります。

→車内の過ごし方は、オンライン講座を受講したり、オンラインゲームができたりと、Liveでコミュニケーションが取れるようになります。

 

●自動車はガソリン車から電気自動車が主流になります。電気自動車はガソリン車に比べ構成部品が少なく、エンジンの燃焼実験をする必要がないため、企業の参入障壁が低くなります。(Googleも自動車事業に参入)

→自動車の価格が下がり、日本経済を支えてきた自動車産業が大打撃を受けます。

 

●車は購入ではなく、サブスクリプション(レンタルサービス)が主流になります。

→車の消費が落ち込みます。また車に付属するアクセサリ(スピーカ、カーナビ、カーオーディオなど)も、レンタル車に搭載されているため、これらの商品の消費も落ち込むます。

数年後には、自動運転車が発売されるか、自動運転タクシーがリリースされると思いますでの、今から車を買うより、その時までの繋ぎとして利用されるのもアリかと思いました。

 

これから需要が、ますます増えると思うこと「車中泊」です。

・震災の時は、避難所ではプライバシーがなかったため、車中泊をしていた方が多かったそうです。

・旅行中、キャンプ、釣り、天体観測など非日常を体験できるので、車中泊はワクワクします。

・自動運転中に睡眠をとる(居眠り運転?)ケースが増える。

 

なので、車中泊用マット、エアコン、フルフラットにできるN-VANのような車、車内音ノイズキャンセル(※1参照)できる消音スピーカなどの需要が増えるのではないかと予想しています。

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽
by ホンダアクセス