スタイル研究室

人生をアップデートする方法を紹介しています

モノづくりスタイル:ブランドをつくり、ファンをふやす

商標法 第二条 この法律で「商標」とは、人の知覚によつて認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるもの(以下「標章」という。)であつて、次に掲げるものをいう。
一 業として商品を生産し、証明し、又は譲渡する者がその商品について使用をするもの
二 業として役務を提供し、又は証明する者がその役務について使用をするもの(前号に掲げるものを除く。)

今回おすすめするスタイルは、これです。

【What】モノづくりスタイル
【Who】--
【Where】--
【When】--
【Why】ファンを獲得する
【Need】商標
【How】ブランドをつくり、ファンをふやす

ブランドをつくるためには、特許庁にネーミング、マークを商標登録する必要があります。

登録しなければ、そのネーミングやマークが無断で使用されたとしても問題にすることはできません。逆に登録された商標を無断で使用することは犯罪になります。

 

登録した商標は、商品のネーミングとしたり、ロゴ(マーク)を貼り付けたりして使用します。

その商品が素晴らしければファン(信者)が付いて次の新商品も購入してもらえます。(ブランド化)

 

例:Apple信者

iPhone、iPad、MacBookの新製品が出れば、高額でも購入する人々

 

商標の機能は下記のとおりとなります。

・自他商品等識別機能

自分の商品、役務(サービス)と、他の商品、役務(サービス)を区別する機能です。

 

・出所表示機能

商標を使用した商品や役務(サービス)の出所(作られた場所、出どこ)を表示する機能です。

 

・品質保証機能

商標を使用した商品や役務(サービス)に同一の品質があると保証する機能です。

 

・宣伝広告機能

顧客に対して、商標を手掛かりに宣伝、広告を行い購買意欲を起こさせる機能です。


【補足】

商標を登録した段階では価値は「0」です。その商標を使い続けることにより価値は大きくなっていきます。

有名企業も「SONY」「ユニクロ」も設立当初の商標の価値はありませんでしたが、今では大きな価値を持っています。

 

ちなみに、特許の考え方は逆で、特許登録した段階では、価値は「最大」で、時間が経つにつれて価値は無くなっていきます。(技術が陳腐化するためです。)

 

もっと商標を知りたい方は、「弁理士」のオンライン講座がオススメです。下記の講座は、スマホ、タブレットで、いつでも授業動画を視聴できます。音声のみもダウンロード可能です。

 

( ゚◇゚)ノ またお会いしましょう