スタイル研究室

人生をアップデートする方法を紹介しています

買物スタイル:ゴミ袋をレジ袋代わりにする

スーパーマーケットに行った際、よくマイバックを忘れてしまう方へ
レジ袋代を節約する方法を紹介します。
今回おすすめするスタイルは、これです。

【What】買物スタイル
【Who】レジ袋代を節約したい方
【When】スーパーマーケット
【Where】スーパーマーケット
【Why】マイバックを忘れたものの、レジ袋代を節約したい
【Need】ゴミ袋の購入代金

【How】ゴミ袋をレジ袋代わりにする
・ゴミ袋を一緒に同じ店で購入して、店内でゴミ袋の封を開き、その中に商品を入れます。
・家に帰ったら、ゴミ袋から商品を取り出し、ゴミ袋として再利用をします。
・ゴミ袋は一般的に生活必須品です。
・新品のゴミ袋は、レジ袋同様、安全上問題ありませんので、食品を入れても心配する必要はありません。
・ゴミ袋は、自治体によっては、スーパーのレジ袋より薄い可能性があります。
大サイズに無理に押し込むと、かえって破れてしまい、後で、ゴミ袋として利用することができなくなりますので、無理をしないようにして下さい。
・ゴミ袋ではなく、空きダンボールを使用して持ち帰る方法もあります。


その他、少量であれば、店舗によって、以下の方法が使用できる場合があります。
お米等、重量物を購入すると、無料で専用の袋をくれることがあります。
この袋の中に、一緒に少量の購入した商品を入れます。

【小話】自治体によっては、レジ袋をその自治体で使用できるゴミ袋として無償、
または有償で配っている所もあるのですが、そのような自治体は残念なことにあまり多くありません。

【注意】

紙袋、手持ち部分がない自治体のゴミ袋は、持ちづらいので、注意下さい。
透明なゴミ袋の場合、購入した商品が丸わかりなので、注意下さい。
スーパー等標準のレジ袋を使用しない場合は、必ずレシートを受け取ってください。

( ゚◇゚)ノ またお会いしましょう