スタイル研究室

人生をアップデートする方法を紹介しています

思考スタイル

思考スタイル:運動しにいくと思わず、読書しにいくと思え

適度な運動をすることは健康に良いと言われています。 でも運動を続けるのは大変です。 今回おすすめするスタイルは、これです。 【What】読書スタイル【Who】運動を続けたい人、ダイエットしたい人【Where】--【When】--【Why】運動の習慣をつける【Need】…

思考スタイル:アイディアの種を抽象化する

抽象化とは、複数の事実から共通する要素を抽出すること 今回おすすめするスタイルは、これです。 【What】思考スタイル【Who】--【Where】--【When】--【Why】アイディアを出す【Need】アイディアの種【How】アイディアの種を抽象化する 以前、アイディアが…

思考スタイル:ルールをエクステンド(拡張)する

拡張性とは、装置、ソフトウェアの使用を開始した後に、その中核となる部分を変更せずに、機能追加、性能向上を行うこと 今回おすすめするスタイルは、これです。 【What】思考スタイル【Who】--【Where】--【When】--【Why】不利な条件を修正する【Need】--…

思考スタイル:ルールをオーバーライド(上書き)する

コンピューター用語での【オーバーライド(override)】とは「蹂躙する、無視する、〜に優先する、再定義する、上書きする」という意味をもちます。 今回おすすめするスタイルは、これです。 【What】思考スタイル【Who】--【Where】--【When】--【Why】資源…

思考スタイル:概念に名前をつける(離)

名前を与えるということは、不特定多数だった存在、正体不明な現象を、1個の存在として認めて、独立させる行為です。今回おすすめするスタイルは、これです。【What】思考スタイル【Who】--【Where】--【When】--【Why】新しい概念を作る【Need】新しい概念…

思考スタイル:家電量販店を徘徊して考える

昨今、インターネット販売に押されて、家電量販店の経営が、厳しいそうな 筆者は、家電量販店が大好きです。週に1回は、購入するモノが無いのに、最寄りの家電量販店を徘徊しています。今回おすすめするスタイルは、これです。【What】思考スタイル【Who】ガ…

思考スタイル:概念の外側を考える(破)

人は、情報の集合体を概念という膜で固定(定義する)して、使いやすくしています。つまり、この概念を定義する行為は「常識という壁」を作る行為です。今回おすすめするスタイルは、これです。【What】思考スタイル【Who】--【Where】--【When】--【Why】新し…

思考スタイル:商品(サービス)の価値を考える

最近『ちきりん(著) マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』を読みました。この本には、プライシング(値付け)という概念が紹介されておりました。 <書籍> <kindel> <オーディオブック> 「手元にない商品」「…